❖環境をつくること
 
 保育所保育指針や幼稚園教育要領ではこどもたち自身の意欲を伸ば し自ら育つ 力を引き出す観点から,保育者が環境を通して間接的に保育する「環境による保育」が謳われています.環境をつくることは,こどもたちにこう育ってほしい,こどもたちの育ちをこのように支援したいという想いをかたちにすることだと言えます。
 環境づくりの価値観は多様であってしかるべきでしょう.単純に良い環境,悪い環境ということではなく,理念や目的をもって,その理念や目的を実現するためにこういう環境づくりをしよう,という構造が明確に意識されていることが一番,大切なことだと思います。
 例えば窓にセロハンテープで貼ってある「くまさん」や「うさぎさん」などの紙細工をよく見かけます.なぜ,くまやうさぎを“そのデザインで”, “紙細工を つくって飾る”のですか? なぜ,“セロハンテープで”“窓に直接貼る”のです か?なんとなくや,みんながやっているから,型紙が あって簡単だから,ではなく,保育者自身が自身の保育にかける矜持や園の保育理念に添ったねらいを もち,そのためにその飾り付けを,そのように, しているのでしょうか.こう した問いに,自信をもってこれこれこうだと答えられるなら,それでよいのだと 思います.